2009年12月26日土曜日

青少年向けライフスキルセミナーの開催

Hamjambo?

 メリークリスマス!タンザニアは12月25日と翌日のBoxing Dayは祝日です。前日の24日には職場ではおいしいと評判らしい“シンギダ”地方の地鶏を売りに来ている人がいました。イスラム教徒の私のカウンターパートも祝日前日は「クリスマスだから。」と言ってニワトリを買っていました。宗教に関係なくクリスマスは家族が集まる日のようです。私は今年のクリスマスとお正月は任期も残り3ヶ月となり出歩く気にもあまりなれず、おとなしくダルエスサラームで休養しようと思います。


(車にニワトリを積んでいます。役所の敷地内で職員の人が商売。。。)

 さて、クリスマスの前、12月21日と22日に15歳ぐらいから25歳ぐらいまでの青少年を対象にライフスキルのセミナーを行いました。参加者は25名弱で、その8割ぐらいは学校へ行っていない青少年。小学校しか出ていない人も多かったと思います。テメケにはたくさんの青少年のグループがあり、中には賭け事ばかりやったり集まっては大麻を吸ったりしているグループもありますが、今回はある程度地域のために何かしたいと思っているグループに声をかけ代表者を集めてセミナーを行いました。


 こちらの国では講師以外に参加者に対してセミナーの際に日当が出ることが慣習になってきています。セミナーに呼ばれる=お金がもらえる、と思う人がほとんどです。それに大体は朝から夕方までみっちりセミナーをやるので食事の無償提供も当たり前になってきています。日本的感覚からすると、それはどうなんだ!?と思いますが、特にダルエスサラームのような都会で役所内でも役職が上の人になるとセミナーだけでかなりの日当をもらっているのが現実です。今回のセミナーではNGOと共同開催ということで予算も隊員支援経費とNGOからとで共同で出す予定で進めてきました。日当や食事代はそちらのNGOに出してもらうことにしてセミナーを準備していたのですが、突然そのNGOからの予算が出なくなり、日当なし、食事なしのセミナーをすることになりました。実際、私がセミナーの準備をしているのを知った役所の人が「ノリコ、セミナーをするなら私を呼んで!」と言ってきたことがあり、「日当も食事もないけど。」と言うと「じゃあ、行きたくないわ。日当なしは嫌いよ。」と言われました。こういう慣習がある国でみんな来てくれるのか心配でしたが、お腹がすいて集中力がなくならないように時間を短くし、各青少年グループに直接出かけてセミナーの趣旨や日当は出ないこと、しかし同時にどんなメリットがあるのかを説明し理解を求めて出席してもらいました。結果、理解してくれたと手ごたえのあったグループの人はみんな来てくれました。1つのグループだけ、説明に行った時もあまり落ち着いて話を聞いてくれず、質問もなにもしてくれなかったところがあり、そこの人たちは残念ながら来てくれませんでした。

 内容については、「人生設計と目標設定」、「HIV・AIDSと性感染症」「薬物」そして「仲間の啓発のためのプラン作り」としました。いつもよく一緒に活動しているDon Boscoの青少年向けプログラムで講師をしている人に1日目は話をしてもらいました。普段から彼の授業を見ていてとても知識が豊富で話もうまいと思っていたので、彼にお願いしたのですが大成功でした。

(目隠しをして障害物のあるスペースを歩く参加者。人生においても先の見通しがないと、思わぬ障害物にぶち当たり目標を達成できないということを体感。)

 特に「人生設計と目標設定」では今までそういった話を一度も聞いたことのない人が多かったようで、みんなとても感銘を受けていました。小学校が会場だったのですが、途中で先生たちもやってきて話に聞き入っていました。あとは性感染症についても特に感銘をうけていたようです。HIV・AIDSについての話はよく聞くものの、別の性感染症について医学的な面から説明をあまり受けたことがなかったらしく、ひどくなると、不妊や女性の場合は胎児にも影響があることを聞き、驚いていました。

(薬物に関するセッションで出された発言を板書しました。。。難しかった。短い言葉はいいんだけど、長い発言や説明になると付いて行けず。いい経験にはなりました。) 

 2日目は地元の青少年グループのリーダーが中心になってファシリテーターを務めました。私も「薬物」のところで「たばこ」「お酒」「大麻」使用の健康被害や依存性について四苦八苦しながらスワヒリ語で説明しました。これを機会に薬物のパンフレットを作成したので、それも配布しました。参加者の住む地域では大麻の使用をしている人も多く、間近に常用者の様子を見ているのでなんとなくその害については理解しているようでしたが、依存性についてあまり理解していなかったようで、このセミナーが少しは役に立ったかなと思いました。この辺りではタバコが一本20円ぐらいとしたら、大麻は一本30円ぐらいで売っているそうです。商売している人もいるわけで、なかなか根深い問題と感じます。HIVについてのパンフレットやチラシはたくさんみますし手に入りますが、薬物のパンフレットは少ないので、これからも配布していけたらと思います。

(休み時間には参加しているグループの太鼓と踊りも少しだけ披露してもらいました。)

 最後は仲間にこのセミナーの内容をどう伝えるかについて話し合いました。本当にしてくれるのか。。。少々不安ですが、少なくとも彼らの決意を聞くことができました。各グループにはNGOから無料でもらってきた啓発の雑誌やパンフレットをたくさん配り、グループの持ち物として図書館のようにみんなが読めるように貸し出しなどをして欲しいと伝えました。
 最後にこのセミナーについてのアンケートをとりました。特に良かったところ、特に悪かったところなど書いてもらいました。ほとんど全員の人が「悪いところはない」と書いてくれてとても嬉しかったです。残りの任期を考えるとこういったセミナーをするのも最後かなと思うと少々残念な気もしますが、あとは地元のNGOなどに私たちのセミナーの報告をし、ここで得た情報を生かして行ってもらえたらと思っています。

Tutaonana

(セミナーの参加者みんなで最後に記念撮影をしました。)

6 件のコメント:

ケニャイチロー さんのコメント...

メリークリスマス。
またおもしろそうな活動をしてますね。
こうやって、次につながる活動って、すごく大きな意義のあるものだと思います。
来年もよろしくお願いします。

Jay さんのコメント...

変わらずコツコツやってるノリコさん!
残り少ない赴任期間も健康に気をつけて頑張ってください。
2010年もノリコさんに良い事たくさんありますよーに!
私はモンゴルに移動します。ブログにも挑戦して見ようと思っています。(問題は続くかーなんですが。)
来年もおつきあいください(笑)!

hana さんのコメント...

ケンさん

メリークリスマス。。。というよりあけましておめでとうございます。
今回のセミナーはとっても充実してたし楽しかったです。でも任期はあと3ヶ月弱。もうちょっと早くできたらよかったかなぁ、とか考えるけど、私がやれないほうがかえって地元の人が頑張ってくれるような気もします。

hana さんのコメント...

Jayさん

あけましておめでとうございます。
ブログ作ったら知らせてくださいね。っていうかモンゴル??
ちょっと混乱してます。どこからモンゴルに移動なのかしら??

本年もよろしく。

Jay さんのコメント...

下記のコメント追加です。
ご無沙汰しています。ジオンです。
あまりにも久しぶりにコメントを書いたので自分の名前が表記されると勘違いしておりました。
ニューヨークよりソウル経由でモンゴル入りです。
落ち着いたら、またここにコメント書きます。
(このブログとリンクされてるメルアドは使用中のもの?)
お騒がせしましたー。

ジオン

hana さんのコメント...

やっぱりJiwon!!
そうかと思ったけどモンゴル??っていうのが一番引っかかったんだけど。びっくり!この前はまーごがパキスタンから来てくれたんだよ。今度はみんなでモンゴル?
メールは今使ってるアドレスです。そちらに送ってくれても大丈夫だよ!
元気で。