2008年12月22日月曜日

タンザニアで作ろう!

Hamjambo!

 先日、協力隊員の総会が開かれました。タンザニア中の協力隊員が一同に集まり、活動やそれに関わる事項について話し合いの場を持ちました。色々な隊員の活動なども聞くことができ、とても有意義な時間を持つことができました。

 さて、総会ではいわゆる「正装」で参加することが求められます。男性はスーツにネクタイ着用とのことでした。女性は。。。というと、日本のドレスコードとともに、タンザニアのドレスコードも適用されました。つまり、タンザニアでいわゆる正装と呼べそうな服装はオーケーなのです。この総会にあわせて服を仕立てる隊員もいるとか、いないとか。

 ここタンザニアでは既製品よりも仕立て屋さんに仕立ててもらう服のほうが多いように思います。気に入った布を買い、それを仕立て屋に持ち込んで好きなデザインの服を作ってもらうのです。オフィスなどでも一般的なのは、キテンゲと呼ばれる布で作ったブラウスと長めのスカートを上下セットで着るスタイルです。その他、カンガと呼ばれる布もあり、それで服を作ることもありますが、女性が家事をするときに上から巻いたり、ジーンズなどの上に巻いたりするものでどちらかというとカジュアルな場で使うもののようです。

 2日間の総会のうち、私も1日目は日本から持っていったスーツを着ましたが、1日はこちらに来て作った上下キテンゲのドレススーツを着ていきました。女性隊員はそれぞれタンザニアスタイルや少しアレンジしたものなど、さまざまなものを着ていて見ていてとても楽しかったです。

(上下のブラウスとスカート、何かの機会に1枚は必要と思って仕事を始める前に作ったものです)

 人の服を見ながら、「うーん、こんな風なこともできるんだ!」とか「こんなふうに布の柄を合わせるとかわいいかも!」など、色々考えるのはとても楽しいです。そして実際に布を選んで、作ってもらう。この楽しみはタンザニアならではのものです。ちなみに、気になるお値段ですが、キテンゲは大体4メートルが基本(上下作ることができます)で、日本円で400円から600円、700円も出せば普通に買うことが出来ます。仕立て代もせいぜい1000円から1500円ぐらいでしょうか。腕がいいと評判で、外国人ご用達の職人さんは少々高めですが、それでも2000円ぐらいです。こんなに安くて楽しいことはありません。次は何を作ろうか、どんな布を買おうか、考えるとわくわくします。

            (つい最近作りました。下にズボンをはこうと思って丈は長めです。)

私はまだ2回しか作ったことがありませんが、これから少しずつ挑戦したいと思います。

          (同じ布でスカートも作りました。これはそれほど丈が長くないスカートです。)

Tutaonana!

4 件のコメント:

yuzo さんのコメント...

違う文化圏でのオーダーメイドなんて凄くいいよね。
生地とかもぜったいにそこにしかないデザインだろうし。

あまった生地は是非お土産に(*´∇`*)

hana さんのコメント...

yuzoさん
オーダーメイドがここでは一番安くて一般的なのですごくいいです!あと、こちらの人は仲良しさんと同じ布で服をつくるのですよ。あとちょっと選択肢が少ないので同じ布で作った服をたくさんみます。デザインが決め手かな。

Jiewon さんのコメント...

Merry Christmas!

hana さんのコメント...

Jiewon

Merry Christmas and happy new year.

ちょっと早いですが、2008年もそろそろ終わりですね。よいお年を!