2008年11月15日土曜日

オバマはどこの国の大統領か!?

Hamjambo?

さて、小雨季も本格的。雨が降ると一部の道路は水に浸かってしまって通行が大変です。毎日乗るダラダラは深い水もなんのその、ものすごい勢いで大きな大きな水しぶきをあげ、なかなかのスピードで進みます。車はこんなに水につかってもまだ大丈夫なのかと関心してしまいました。

             (雨の日にひとつの傘を3人で使って学校に行く子どもたち)
さて、アメリカ大統領選、日本ではどんな報道だったのでしょう?大統領選の次の日、職場で、「日本に小浜って町があるんでしょ?町民がオバマのTシャツ着て喜んでるところをテレビでみたわよ。」って言われたんですけど、本当ですか???小浜町はタンザニアでも知られていますよ。(BBCなどで世界各国の放送がここでも見れるようです。)

大統領選はタンザニアではみんなの関心の的。オバマ氏が大統領に決まった次の日、みんなとても嬉しそう。「オバマが勝ったわね。とても嬉しいわ!」とか「今日はお祝いにビールを飲むわ!」と言っている人もいました。その喜び方は、自分の兄弟や家族のことを喜ぶような様子です。ラジオでも、オバマ氏が大統領になったことについて一般のリスナーがコメントを述べるという番組が次から次へ。一日中、オバマ、オバマ。新聞もオバマ、オバマ、オバマ!

私がいつも行く食堂でも、熱い議論が交わされていました。スワヒリ語がまだ不十分なので詳しくは何を言っているのかわかりませんでしたが、ビールを飲んでいるおじさんと、食事をしているお兄さんの議論が白熱!!ついに・・・

おじさん:「○×☆△・・オバマ!・・○△☆・・マレカニ(アメリカ)!○△・・・!!!」(最後に机をたたく。昼間から少々酔っ払っていたのかもしれませんが。。。)

おじさんは大興奮!最後は大声になり、食事をしていた私はびっくりして飛び上がりそうになりました。おじさんは途中で用事を思い出したみたいでしたが、「すぐ戻る。そのあと続きだ!」と出て行き、タンザニア人にはめずらしく(タンザニアでの「すぐ」はあてにならない気がします。。)、約束どおりすぐ戻り、議論は続きました。途中やっぱり大声。

でもオバマ氏ってアメリカの大統領ですよね。タンザニアとの関係は?というと。

1. オバマ氏のお父さんはケニア出身であるので、身近に感じる。(ケニアはタンザニアの隣の国。でもねぇ。近いけどタンザニアの出身じゃないのですよね。)
2. アフリカにルーツを持つ「黒人」初のアメリカ大統領。同じ肌の色ということかな。ちなみにオバマ氏のお母さんは「白人」らしいですね。
3. アフリカへの援助が変わるかもしれない、多分、増えるのではという期待?
これはあくまで私の考えです。

しかし、タンザニアでは「黒人」であることで、差別される可能性があると感じている人が多いのかもしれません。その「黒人」であるオバマ氏が大統領になったことの意味はここではとても大きいのかもしれません。

時々、タンザニア人の中にも「日本ではこの肌の色だと問題でしょう?」というようなことを尋ねてくる人がいます。「日本人は黒人と話をしてくれるの?」というようなことを聞かれたこともあります。

「日本では全然問題ないよ。」と私は答えています。そうすると、相手はとても安心します。私は日本に住む多くの人は良識のある人間だし、日本はいい国だと信じているのですが、みなさんどう思われますか?

Tutaonana

2 件のコメント:

yuzo さんのコメント...

単純に日本人は外国人が恐いんだと思います。
最近やもんね、田舎の方でも外人みる様になったの。
自分たちより身体でかいし子供の頃から
接してなかったからどうしてもね〜

特に黒人なんて一ヶ月に一回も見ないくらいの頻度だから
びびるやろ(笑)

島国やから外国人になれてないとゆうぞうが言ってたと
同僚さんに伝えておいてください。

hana さんのコメント...

yuzoさん

いつもありがとう。
たしかに自分が小さい頃に白人の女の人が電車にのってたら、すごい騒ぎだったのを憶えてます。

タンザニアでも、初めて東洋人を見た小さい子とか私を見て泣き出したり、逃げたりする子もたまーにいるからね。(本当に怖かったんかな???)

みたことなくて、全く違う見た目の人はやっぱびびるかなぁ。

でもまず日本は島国ってことを知らない人もいるからそこからやねぇ。