2008年11月1日土曜日

タンザニアの日本人~その2~

Hamjambo!

 タンザニアでは1月頃が一番暑くなるそうですが、その前に小雨季があるそうです。このところ、ちょくちょく雨が降り、そろそろ小雨季に入ったかなぁと思うことがあります。先日も一日中雨が降っていました。この日の朝、雨が止みかけていたので、傘を持たずに出かけて大変な目にあいました。。。。

 さて、もう少しだけ前回の続きです。

 日本の車はたくさん走っているのに、この国の人は東洋人を見ても日本人と思うことはほとんどない、ということはおわかりいただけたと思います。中国人、日本人、さらに韓国人の区別は難しいようです。ジャッキー・チェンやジェット・リーは日本人と思っている人にも何人か会いました。。。

さらに困ったことが。。。

職場でのある日の会話

同僚:  「さて、ノリコ、私は質問があるの。」(いかにも難しいことを尋ねるような調子。)
私:    「何?」
同僚:  「どうして、日本人はみんなそっくりなの?」(あくまで真剣)
私:    「えぇ~!!?? いやいや全然ちがいます。」(のけぞりそうになった。。。)
同僚:  「ほら、前にいた日本人の○○さんはあなたにそっくりよ。」
私:    「えぇ~!!!」(写真をみたけど、目がぱっちりしていて私と大違いだぞ!)
同僚:  「それに、別の課に今いる○○ちゃんもそっくりだし。」
私:    「う~ん。それは。。。」(二人とも眼鏡をかけているけど。。。)

こんな調子なので、「私がクラスメートと一緒に撮った写真だよ。」と言って写真を見せても、「この子はあなたの妹?」などど、真面目な顔をして聞いてきます。いやいや、彼女の場合は私と全然ちがう顔立ちだぞ~!!これはありえない。よく見てよ!とめちゃくちゃつっこみたくなりますが、あくまで相手は真剣です。

こんな調子なので、同じ隊員を紹介する時に「兄弟です。」とか「姉妹です。」と言ってもみんな普通に信じると思います。そんなにアフリカに兄弟姉妹が来てるわけないぞ~ということはきっと考えないと思います。(でも、数回しか試したことはないです。ですが、すぐ信じるので慌てて否定しました。)

私のほうはタンザニア人の顔だちに慣れてきて、「そっくりで区別がつかない」ということは殆どありませんが、時々、ある人のことを全く別の人と思い込んで話しかけたりしたこともあります。まあお互い様なんでしょうかねぇ。。。

この点、ほかの国にいる隊員の方にどんな体験をしたのか尋ねてみたいものです。

Tutaonana

3 件のコメント:

yuzo さんのコメント...

ほんま「それはこっちの台詞や!」って感じやね。
でも正直、アメリカの映画みてても
たまに顔で判断つかなくなる時あるけどね(笑)
おまけに日本人の傾向としては
白人は全部アメリカ人と思ってしまうし。

ケニャイチロー さんのコメント...

わっかります。
なんででしょうね。

活動どうですか?
他のタンザニア隊員の人はみんな元気ですか??

hana さんのコメント...

yuzoさん
本当に「あんたらも一緒の顔やん!」て言いたくなるよ。日本人はまだ珍しいからしょうがないなぁって思うことが多いよ。

ケニャイチローさん
ケニアもやっぱり一緒ですか?
活動ねぇ。。家がやっと決まり、あさって引越しできるのですよ。それからかなぁ。それにしても家のことも苦労しました。
タンザニアの隊員は一部みんな元気です。3ヶ月たってやっと任地を離れて移動できるようになりました。